久しぶりにあいつのブログでも見るか!みたいな感じの存在になれば、嬉しいよね。

粒粒辛苦。。。
http://bananatree300.blog53.fc2.com/

本日の訪問者数

管理人の様子

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも随時募集しています.どうぞよろしくお願いします.

最近のコメント

コメントありがとうございます。なかなかPCに触れる時間が限られており、すぐに返信できない場合がございますので、ご了承ください。

<>+-

リンク

相互リンクよろしくお願いします.

楽しみにしていた車中泊にて

2018/02/13 05:00|2018CM:4
スキーへ行ってきた!
終盤は楽しかったけど、いろいろ辛かったw

スタッドレスタイヤは購入して正解だった。
思ったほど、雪は降っていなかった



とうとうこの日が来た。
定時後にすぐに上がって
夕食は外食で済まし
風呂入って寝るのみ
3時間か4時間睡眠後、出発進行 

金曜の夜はこんな感じ

車の中で横になって寝られるよう
後部座席は倒して、
トランクの荷物は整理して
毛布を用意して
いつでも車中泊OK(異常に寒いけどw


出発時はやはり眠かった
眠い中の運転なのでちょっとイライラw
深夜1時に出発
出発してすぐにパトロール中の警察車両に遭遇
こんな時間に本当にパトロールしてるのかと思い
車内を見てみると、後部座席に太ったおっさんが乗っていた
家に送ってたのかな?

そんな出来事があって
下道を走り、高速へ

ETCには休日割引と深夜割引ってのがあるみたい
ほかにも割引の種類があるらしいがここでは省略
3連休の初日ということもあって
若干の渋滞を予想して出発したが、
特に混んでいなかった(さすがにみんな家で寝てるかw

案の定、運転中に何度か睡魔に襲われる
なので4回ほど、休憩した
休憩の度、30分ほど仮眠した

寒くて準備した後部座席では眠れなかったw
車中泊楽しみにしてたけど、やっぱり寒いから無理だったわw

やるなら布団も用意して
窓にカーテン取り付けて
布団も何枚も重ねて…

そのくらいしないとだめだわ これ
散々彼女に指摘されていたが、
今回このような体験をしてようやく実感した

準備不足だと
関連記事
コメント
いつもと違うところで寝るとなると大変ですね

ましてや部屋でないところで寝るとなると更にw
冬に車中泊は準備が多くて、想像以上に寒かったですね

夏は夏で暑いのかぁ…
やっぱり車じゃなくてふかふかのベッドが一番ですねw
(結局それになるw
全力少年 #-|2018/02/17(土) 23:02 [ 編集 ]
いやー同乗者からは
いろんなクレームを受けましたねw

車中泊を検討するときはもっと暖かいときにしますw
全力少年 #-|2018/02/17(土) 22:59 [ 編集 ]
自分も車中泊に興味があり調べてみたのですが、カーテンというより、分厚いサンシェードをつけると、外からの冷気を防げるようですよ。
あとは、寝袋も冬用の分厚いものを。
電気式毛布、車用のファンヒーター、湯たんぽなども効果的だそうです。
冬季は用意するものがたくさんあり、大変ですね。
まぁ逆に夏季も暑くて大変でしょうね。
窓を開けたままですと虫が入ってきますしね。
ドリー #-|2018/02/13(火) 21:01 [ 編集 ]
楽しまれたようで、何より。

でも、さすがにこの季節に、暖房なしでの
車中泊はきついですね~(;´Д`)

ま、いろんな経験は人生の糧となりますよ ←無責任

神田ももたろう #eYj5zAx6|2018/02/13(火) 19:03 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

投票お願いします

PINGOO!カテゴリ日記
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
3225位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
643位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

つぶやき

記事更新率

にほんブログ村

 |  2006 | 2007 | 2008 | 2009 | 2010 | 2011 | 2012 | 2013 | 2014 | 2015 | 2016 | 2017 | 2018 | 部活 | 動画 | 和み少年 | 怪我 | TESTだぁ!! | 夏休み | 文化祭 | 体育祭 | モブログ | 嬉しい | 萎え | 怖い | 悲しい | 修学旅行 | 楽しい | 未分類 | 私だけ?シリーズ | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. 粒粒辛苦。。。
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.